--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'07.02.Sun

上方舞を見に行きました。

今日は着付け教室のお仲間と、着付けの先生が出演される舞台を見に行ってきました。
その日は和楽器あり、詩吟あり、舞ありと日本の芸能いろいろの発表会のような感じで、その中で先生は上方舞を披露189されたのです。

日舞を生で見るなんて、今まで無かったのでどんなもんだろう?と思っていたのですが、楽屋にお伺いしてメイク後の先生と対面してびっくり・・!
いつもとぜんぜん、雰囲気が違う。なんか凛としていて話かけづらい感じ。
(実際話すと、いつものほんわかした先生でほっとしました。)

そして本番。
結構遠くで見ていたので、細かい表情はわからなかったのですが、素敵な舞でした。
かなりカッコいい&色っぽい178です。
優雅なんだけど意思が強い、そんな女性のイメージがしました。
手のこなし、足のさばき方、キモノを着るときに参考になるかな、と思い真剣に見ていました。
(ゆっくりの動きですが、ポーズを取る時は背筋腹筋いるんじゃないかな~とか考えて。)

日本の伝統芸能と言うものを今まで見に行ったことが無かったのですが、こうして着付けを始めたことで自分にとって新しいものを見に行く機会ができ、良かったです。
これからもいろいろ、機会があれば見に行きたいな。
友人で琵琶をやっている子もいるし・・。
知ってる人がやっている、というのは入り口としては最適です。その人の他の一面も見れて、勉強になったり、刺激になったり。
これからはいろいろなものを、食わず嫌いせずにいろいろ見に行く!顔を出す!ということで、自分の幅を広げていけたらな、と思います。

そして習っていると気になる着付け。
さすがプロです。当たり前ですが綺麗に着付けてあります。2人で着付けていたのですがスピードもそうとうなものでした。
補正もしっかり。当然ですが、踊った後でも着崩れません。
目指すべきはこういう着付け!!(お引きずりは着付けられませんけど229
衣文の抜きも綺麗で色っぽ~い
backstile.jpg

そして終了後2ショットで。
2shot.jpg

私のキモノはきだおれやさんで購入したアンティークです。
こうしてみるとかなり裄丈が短いな・・・直したんだけど230
私尋常じゃなく腕が長いんですよね・・・洋服でも長袖が七部袖になってしまうことがしばしば。
なんとかなんないもんでしょうか!?

スポンサーサイト
キモノトラックバック(0)  コメント(2) 
Next |  Back

あすか

ほんとだ!
手思った以上に長いね・・・

裄直してなかったら厳しかったね(→ܫ←)
おばあちゃん!ありがと~~!!

2006/07/06(木) 23:19 | URL | [編集]

toneko

そうそう、直さなかったら肘くらいまでだよ。
こんなに手が長くても、得するのは卓球の時ぐらい(!?)
アンティークは厳しいのかな~。開き直って着るしかないのかな。

2006/07/08(土) 15:26 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。