--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2006'10.12.Thu

ヘビロテ帯の予感

昨日の教室アシスタントのコーディネートはこんな感じ。
1012.jpg
古着のワンピースにありそうな派手柄ですね。ワンピだとちょっと派手すぎる?と思いますが、着物だと意外と着れてしまったりします。
 で、その日の帯ですが、ほどいてみるとこんな形になっています。
10122.jpg
名古屋帯は普通、半分に折ってかがってあるのが普通なのですが、これは胴の部分はあらかじめ半分の幅なんですね。これが、とても締めやすいんですよ。急いでしめても綺麗に出来ます。
たれ先がフリンジみたいになっているのも可愛い!
10123.jpg
でも、このタイプの帯は現在はもう作っていないそうです。
すごく使いやすくて、可愛いのに残念・・。
もし アンティークの着物屋さんで見つけたら、使ってみてください!!
スポンサーサイト
キモノトラックバック(0)  コメント(2) 
Next |  Back

あすか

ヘビロテにしてあげて~
残念ながら世間のアンティークの着物やさんでは
あんまりウールの帯は扱ってないと思います・・・
かわいいのにね♪

2006/10/15(日) 21:48 | URL | [編集]

toneko

>あすかちゃん
結構、締めてるとほめられるしニーズは高いと思うのにね。
ほんと、もったいないことです。

2006/10/15(日) 22:06 | URL | [編集]

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。