--'--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 
2007'05.13.Sun

補正・・。

土曜日の中崎町着付教室。
このクラスははや7回目。この日は補正のレッスンをしました。
着付け=苦しい補正!!と思っている方も多くて、着せ付けのお仕事をさせていただくときも「補正はやめてもらいたいのですが・・」と言われることもしばしば、あります。

洋服は細く細く!見せるのが基本の現代ですから、キモノの理想体型「寸胴」に近づける補正は抵抗があるのでしょう。
でも、実際タオルで最低限の補正をすると、着崩れしにくくなります。
この日は生徒さんお二人とも、偶然正絹のやわらかものをお召しでしたので、補正前・補正後の着姿の違いを体感していただけました。

実際、普段にキモノを着るときは着物の種類や目指すべき着付け姿によって補正のあるなしを使い分けていただければと思います。
(私の場合は、ウールや木綿のオキラク着物のときは補正していません。)

この「中崎町春の部」も今月で終わりとなります。
レッスンの終了が近づくと、寂しい気持ちになります・・。

スポンサーサイト
キモノトラックバック(0)  コメント(0) 
Next |  Back

コメントの投稿












 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。